HMBサプリの効果とは?

HMBサプリの効果とは?

HMBサプリの効果について調査!

最近話題の筋肉サプリに「HMBサプリ」というものがあります。
HMBとは、必須アミノ酸の一つ「ロイシン」の代謝物で、筋肉の分解を抑制する効果があるとされています。
ロイシンは体内では合成されない、つまり食物などから摂取しないといけない「必須アミノ酸」の一つ。そしてロイシンはバリン、イソロイシンとともにBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれ、BCAAも筋トレや運動に効果のある成分だと言われていました。
なのですが、ロイシン約20gからHMBは約1gしか合成されないとされています。ですから、より筋トレの効果をアップさせるためにはHMBサプリを摂ったほうがずっと効率的だと言うことなのですね。

 

HMBの効果として代表的なものは、筋肉の分解を抑制するという効果、そして筋肉の合成を促進するという効果です。
実際に海外で行われた実験でも、ウエイトトレーニングの際にHMBを摂取した群と摂取していない群を比較すると、HMBを摂取した群のほうがおよそ2.5倍も筋肥大したという結果が出たのだそう!
海外の実験では、HMBを摂取してウエイトトレーニングをした人と、ただトレーニングをした人とでは、除脂肪体重(筋肉)の増加で約2.5倍もの差が出たそうなんですよ。

 

また、HMBサプリの効果をよりアップさせるには「クレアチン」のサプリを併用するとより効果アップすることがわかっています。
特に筋トレ初心者のほうが、筋力アップや体脂肪の減少などの効果が見られることがわかっているんですよ。筋トレを始めようと思っている方は、是非試してみて下さいね。

 

今大人気になっているメタルマッスルhmbは

 

この記事に書いてあります。

肘への負担の少ない上腕三頭筋の鍛え方

皆さんは上腕三頭筋をどのように鍛えていますか?
トライセプスエクステンションやフェイスクラッシャー、ナローベンチ、レットプルダウンなどが有名で、これらの種目を行なっている人はジムでもよく見かけます。

 

しかし、上腕三頭筋の種目は肘への負担が大きいものが多いです。中には痛みを抱えたり、サポーターに頼っている方もいるのではないでしょうか?

 

そこで、今回は肘への負担の少ない上腕三頭筋の種目をお伝えします。

 

【プルオーバーナローベンチ】

 

バーベルを使った種目で、フラットベンチの上で行います。上記のように肘への負担が少ないのみならず、他種目よりも効果的に上腕三頭筋を鍛えることができるので、とてもオススメです。

 

やり方@
フラットベンチに仰向けになります。このとき、頭上に頭一つ分のスペースを空けておきます。その空いたスペースにバーベルを置きます。

 

やり方A
寝転がったまま、先ほど置いたバーベルを胸の前まで持ってきます。

 

やり方B
ナローベンチのように、一度バーベルを上げ、また胸まで下ろします。
※ただし、肘が痛い人は行わなくても構いません。あくまでプルオーバーの動作がメインなので。

 

やり方C
バーベルを始めの位置まで戻します。ただし、戻した際にはフラットベンチには置かず、上腕三頭筋に負荷かけたまま胸まで戻します。

 

これを繰り返します。
注意点として、あまり肘を伸ばしきらないようにします。筋肉への負荷が上腕三頭筋から背筋や腹筋などに逃げてしまうためです。肘は直角より少し開いた程度がよいでしょう。

 

この種目を実際に行なってみるとわかるのですが、かなり上腕三頭筋に効きます。腕の付け根のあたりまで刺激があり、筋トレ後にはパンプアップしているのがわかると思います。

 

重力はレットプルダウンと同じか、少し重いくらいが適切です。7、8回を1セットに設定し、3セット以上組むと良いでしょう。

 

このトレーニングはフィジーク全日本チャンピオンのJINさんがyoutube内でも紹介しているので、そちらも参考になります。また、JINさんはこのトレーニングを絶賛しており、メイン種目として行なっているそうです。

 

今回紹介したプルオーバーナローベンチはいかがだったでしょうか?せっかく筋トレをするのであれば、長く楽しみたいですよね。しかし、ケガをしてしまえば筋トレは一気に苦しくなります。このプルオーバーナローベンチでケガなく厳しく上腕三頭筋を追い込んでください。

 

更新履歴